CNCでパターン以外の銅箔部分を削除

まずはガーバーデータを読み込む。
FlatCAMの操作は別記CAMの掲載を参照。

 

Non-copper regionsの項目から切削する範囲をパターンからどのくらい離すかを指定。

 

Projectに戻り、作られたジオメトリを選択。

 

 

Paint Areaで切削ツールの外径と重なりを指定し、[Standard]か[Seed-based]を選択。

 

 Standardを選択した場合 

パターンに沿って銅箔部の切削を行う。

 

Projectに戻り、作られたジオメトリを選択。

 

切削条件を入力。

 

拡大すると切削もれがあることがわかる。
気にしなければこのままでも良いし、Overlapを多くすれば隙間をさらに小さくできるが作業時間も長くなる。

 

 Seed-basedを選択した場合 

パターンに沿った切削ではないが隙間なく切削される。

 

Projectに戻り、作られたジオメトリを選択。

 

切削条件を入力。

 

 G-Codeの作成 

Projectに戻り、作られたジオメトリを選択。

 

ExportでG-Codeを作成してCNCで切削する。

 

 完成 

 

カテゴリーCNC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。