CNC X軸平行度調整

今回、テーブルと補強のためのアングク材で平行、直角を出せるようにして調整して組み上げた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その確認のため30cmの基板の両端を使い、ズレの確認を行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左端に穴をあける

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

移動して右端に穴をあける

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基板を裏返して先の穴の横に裏からも穴をあける

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左端に移動して同様に穴をあける

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

穴の位置にズレがなくなるようにアングルを微調整

目的は両面基板を作るときの平行度の維持。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。