SG-4105修理

 

FUNCTION GENERATOR SG-4105の出力ボタンが反応しなくなったので分解して確認、修理する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロントボタンは導電性ゴムの様なものでスイッチするがポタン側のゴムに導電性がなくなっている。

おそらく劣化によるものと思われるが交換する部品も無い。

基板側は導通させると機能するのでスイッチの導電性を改善すればいいと思われる。

 

 

 

 

 

導電性グリスを塗布しようと思ったが、銅テープを貼り付けるという簡易な方法を試してみる。

 

 

 

 

 

 

 

出力ボタンは気持ちよくON/OFFできるようになった。

組み終わってから全ボタンを確認したら他にも反応が悪い場所があった。

組み上げてしまったので次回のメンテで修復させる。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。