両面基板のスルーホール処理

 

 

 

 

 

両面基板を作っているとスルーホールやVIAホール等で裏表のパターンを接続する機会が多い。

スズメッキ線などでジャンパーできるところはそれでもいいのだがコネクタやソケットなど部品面のがんだ付けが
できないこともありスルーホールメッキも検討したが個人ではなかなか手が出せない。

スルーホールピンも工具を含めて高い。

小さなハトメを探していたらナットリベットという商品に使えそうなのがあったので購入してみた。

 

 

どう見てもナットリベットではい。

タップ切ってないしハトメだと思う。

外径は0.9mmで内径は0.65mmぐらい。

もしかしたらマイクロネジで締めたらリベットになるのかも知れないけど時計職人でもないと扱えない。

 

 

 

0.9mmの穴にピッタリ

 

 

 

裏側は潰すのではなく、このままはんだ付けする。