Arduinoでgrbl controlerを構築(2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在の構成は以下の通りで、試行してみるとPCからJogの動作ができないことが判明したので

いろいろな組み合わせで動作を確認してみる。

Candle v1.17はGrbl v1.1以上である必要があり、Grbl v0.9以下ではCandle v1.0を使用すべきらしい。

Candleのバージョンを落とす方法とGrblのバージョンを上げる方法を試してみる。

 

 

Candle v1.17      https://github.com/Denvi/Candle/releases/download/v1.1/Candle_1.1.7.zip  

Candle v1.0.11   https://github.com/Denvi/Candle/releases/download/v1.0/Candle_1.0.11.zip

Candle v1.0.10   https://github.com/Denvi/Candle/releases/download/v1.0/Candle_1.0.10.zip

Candle v0.9        https://github.com/Denvi/Candle/releases/download/v0.9/Candle_0.9.zip    

 

 

Grbl v1.1f   https://github.com/gnea/grbl/archive/v1.1f.20170801.zip                                                   

Grbl v1.1f   https://github.com/gnea/grbl/releases/download/v1.1f.20170801/grbl_v1.1f.20170801.hex  

Grbl v1.1e   https://github.com/gnea/grbl/releases/download/v1.1e.20170114/grbl_v1.1e.20170114.hex

Grbl v0.9j   https://github.com/gnea/grbl/releases/download/v1.1e.20161208/grbl_v1.1e.20161208.hex

Grbl v0.9j   http://bit.ly/1I8Ey4S                                                                                                       

Grbl v0.9i   http://bit.ly/1EiviDk                                                                                                        

Grbl v0.9g   http://bit.ly/1m8E1Qa                                                                                                   

Grbl v0.8c   http://bit.ly/SSdCJE                                                                                                        

ArduinoにHEXデータを転送するにはXLoaderを使用する。

http://www.hobbytronics.co.uk/arduino-xloader

 

Candle v1.0.11にしたことでJog操作が可能となるがスピンドルがPWM出力できずONかOFFのみ。

Candleのバージョンを更に下げても症状は変わらないのでGrblのバージョンを上げてみる。

 

 

CandleとGrblを共に最新版に変更してみた。

Jog操作は可能だがCNCシールドからスピンドル出力が出なくなってしまった。

 

 

原因はGrblの仕様とCNCシールドの仕様が合っていない。

Grbl v0.8ではSpindle EnableがArduinoの12pinに出力(CNC SHIELDのSpnEn)される (ON/OFF)   

Grbl v1.1ではSpindle PWMがArduinoの11pinに出力(CNC SHIELDのEND STOPS Z)される (PWM)

+Xと-X、+Yと-Y、+Zと-Zは共通なので+Zに接続しても-Zに接続しても同じ。

GND側はすべて共通。

なお、CNC SHIELD v3.51ならGrbl v0.9以上に対応しているようだが、入手時にそんなことは知らなかった。

( ArduinoのPWM出力端子は3pin. 5pin. 6pin. 9pin. 10pin. 11pin )

 

PWM出力も確認でき、Jog操作とスピンドルの回転数制御ができるようになったが

CNCシールドの出力ではモータを直接駆動することはできないので

スピンドルモータの駆動回路を作る必要がある。

 

ArduinoのI/O出力は1pinあたり20mA以下なのでトランジスタではなくパワーMOSFETで構築する。

 

 

Eagleでパターン作成

 

PCB-GCODEでCNCデータを作成

 

パターンカットGコード:irf540ptn.nc

ドリル穴Gコード:irf540drl.nc         

 

 

パターンの切削バリ等でショートしていないか確認

 

 

撮り直しました…

 

 

 

次回はリミットスイッチとブローブについて。